献血について

献血の流れ

1. 受付

はじめて献血される方

 「受付確認表」へ氏名、住所等を記入下さい。輸血用血液の安全性をさらに向上させるため、身分証明書等のご提示をお願いし、ご本人様であることを確認しています。

blood_donation_card-image

献血カードをお持ちの方

 受付スタッフにカードをお渡しください。登録されている情報を確認させていただきます。
※献血カードをお持ちでなくても献血は可能です。

献血受付時にご登録いただく情報等は、献血会場内でのみ使用するICカードに書き込まれます。ICカードの取り違い防止のため、ICカードの番号を書いたリストバンドを手首に付けさせていただきます。

次へ

2. 質問への回答

献血される方の安全と患者さんが安心して輸血を受けられるよう、ご自身の健康状態等に関する質問事項にタッチパネルを使用してご回答いただきます。

次へ

3. 医師による血圧測定及び問診

医師が血圧測定を行い、ご回答いただいた質問事項に基づいた問診を行います。

次へ

4. ヘモグロビン濃度測定、血液型事前判定

ヘモグロビン濃度測定と血液型の事前判定を行うため、2mLの採血を行います。成分献血の場合は、血小板数の測定も行います。

次へ

5. 献血

採血ベッドに横になり献血開始です。採血針を刺したとき、チクッと痛みを感じますが、すぐに痛みは和らぎます。
採血にかかる時間は、全血採血で10~15分程度です。成分採血は採血量に応じて40~90分程度かかります。採血針や採血バッグは一人ひとり新しいものを使用していますので、献血によりウイルス等が感染する心配はまったくありません。

次へ

6. 休憩

献血後は、少なくとも20分~30分の休憩を取っていただき、用意されている飲み物などで十分に水分の補給をしてください。

次へ

7. 最後に

今回の献血を印字した献血カードをお渡しいたします。献血カードはご自身の献血記録になりますので無くさないようにしてください。献血カードには次回献血可能日を印字してありますので、またのご協力をお願いいたします。

≪献血後のご注意≫

献血の後、ごく稀に急な血圧変化により気分が悪くなる場合があります。トイレや階段・戸外での歩行等には特にご注意ください。気分が悪くなったり、採血針を刺した場所に痛み、しびれ等が残る場合には、すぐに職員(あるいは血液センター)にお知らせください。
また、上記以外の注意事項についてはお渡しする「献血後のお願い」をご確認ください。